ペットを買う時はここをチェック!ペットの買い方で注意したいポイント

ペットショップの動物取扱業者標識を確認する!

日本にはたくさんのペットショップがあり、実際にショップで可愛いペットを見つけて購入する人も少なくありません。愛くるしいペットに出会うと衝動買いしたくなる気持ちも出てきますが、ペットを買う時は注意しておきたいポイントがいくつかあります。

まず確認しておきたのが、ペットショップの店内に動物取扱業者標識が掲示されているかどうかです。動物を販売するためには、自治体から動物取扱業者の許可を得る必要があります。万が一無届の場合、法を犯す危険性もあるので十分に注意しましょう。

ペットショップの衛生管理も要チェック

ペットショップでペットを探す時は、同時に店内の衛生状況も見ておきましょう。排泄物や食べ残しがケースに残されたままになっていたり、清掃が行き届いていない場合は要注意です。また嫌な臭いがする場合も同様です。

ペットの体調管理や病気の有無のチェックがおろそかになっている可能性もあるので、衛生管理もしっかりチェックしておきましょう。

ワクチン接種の情報も確認する

ペットショップの犬や猫のショーケースを見ると、価格だけでなく品種や生年月日も明記されています。これらも大切な情報ですが、もう1つ確認したいのがワクチン接種に関する情報です。

犬の場合は、母親から受け継がれた免疫が生後6週間ぐらいで無くなります。このため生後50~60日ごろにワクチンを接種することが望ましいです。したがって生年月日と共に、ワクチン接種履歴も確認しておきましょう。また掲示が無い場合はお店のスタッフさんに尋ねれば、きちんと教えてくれる場合が多いです。

子犬販売なら神奈川のペットショップやブリーダーを利用することで、豊富な犬種の中から選べるだけでなく、飼育方法などの有益なアドバイスも受けられます。