ペットを買う時に気を付けたいペットショップの選び方4選

店内やケージは清潔?

まず一番にチェックしたいことはそのペットショップの衛生面です。これから一緒に暮らすペットのことですから、きちんと衛生面が管理されているところで育ってきているかはかなり重要。管理されていないところで育った動物は、性格が荒っぽくなっていることもありますし、何か病気にかかっていたら大変です。動物の臭いが充満していたり、毛やえさ、時にはフンの始末がされていないこともありますから店内およびケージの中などがきれいになっているかよく確認しましょう。

店内にある標識をチェック!

ペットショップ内に「動物取扱業者」の標識があるか探してみてください。きちんと許可のあるペットショップなら必ずあるはず。これがないともちろん違法で動物を扱っていることになりますし、そんなところで購入したペットにもし万が一のことが起きてしまったら、訴えることなどもできませんからね。

動物たちの様子はどうですか?

ペットショップには様々な動物がいると思いますが。お目当ての鉱物だけでなく、すべてのペットの状態をよく観察してみてください。どこかぐったりとしていて元気のない様子はないですか?イライラして吠えてばかりいませんか?健康状態、精神状態の良い動物は人間と同じで愛想を振りまいて近づいてきますし、人間が好きなのでしっぽを振って喜んで出迎えてくれるはず!

ワクチン接種の表示はありますか?

販売されているペットには品種や生年月日、出生地などが表示されていると思いますが、同様にワクチンの接種有無の表示がされているかも非常に重要なポイントす。例えば、犬は生後42日が過ぎると母犬からの免疫がなくなるので必ずワクチンを接種していなければいけません。少なくても生後2か月後には接種している必要があるので、そこもきちんとチェックしましょう!

東京都は、犬猫飼育頭数ベスト1位。ペットを家族の一員として迎える家庭が多くなっています。子猫販売なら東京都で行うと、より早く飼い主が見つかる可能性が高いです。