知らなかった!機械式時計は分解してメンテナンスする必要アリ!

機械式時計のメンテナンスって何?

機械式時計はメンテナンスを行うか行わないかで精度や寿命に大きく影響するアイテムです。特に定期的にプロの時計職人によって行われる分解掃除は重要で、ケース内部に起こる部品のゆるみや摩耗、侵入物による錆付きや腐食などに対応し、故障する前にトラブルを取り除けます。機械式時計のムーブメントはたくさんの細かな部品でつくられており、例えば年間で億単位の往復回転運動を行う部品もあるため経年劣化は避けられません。劣化部品や汚れた潤滑油を交換し、コンディションを保てば機械式時計はかなり長く使い続けられます。オーバーホールは持っている時計のメーカーやベテランの時計職人がいる時計店などで受け付けて貰えますが、依頼する前に必ず見積もりをとり、納得してから行いましょう。

オーバーホールは定期的に行いコンディションを保とう

機械式時計の分解掃除は一般的にオーバーホールと呼ばれています。ケース内部の状態を確認したり修理したりしますが、健康診断や車の車検と同じく、一度だけ行うのでは意味がありません。機械式時計のオーバーホールは3年から5年ごとに定期的に行いましょう。特に新しく購入した機械式時計はケース内部に金属粉の発生が見られやすい時期です。このため潤滑油の交換をなるべく早期に行う必要があるため、購入後3年目の年にメンテナンスに出します。初回のオーバーホールを忘れずに行えば、機械式時計のコンディションや寿命にとって良い影響を与えるので、きちんとチェックしておきましょう。

高級宝飾品ブランドのひとつであるブシュロンは、ハイジュエリーをはじめ香水や腕時計の商品展開も行っています。特に腕時計に関しては、中古市場でも人気が高く、高価買取を行っている店舗も多くあります。