ローソファでママも安心!くつろぎのソファ生活

子供が小さくても選べるソファ

リビングにおしゃれなソファを置きたい!でも小さなお子様がいる家庭ではソファから落ちてしまったり、飲み物をこぼして汚してしまったり心配はつきません。またおもちゃやベビーグッズが占領している部屋をこれ以上圧迫したくないと思ってあきらめることもあるかと思います。でも座面が低いローソファなら部屋を圧迫することなく、床に近い生活ができるために小さなお子様がいても快適なくつろぎソファ生活を送ることができるのです。

安心に過ごせるために

まず、足のついていない、もしくは取り外せるソファを選びましょう。落ちる心配もないですし、ソファと床のすきまに入り込んで遊ぶことも避けられます。ソファの下を掃除する手間も省けるのでママは家事の手間を一つ減らすこともできます。また、硬い木のひじ掛けは子供がよろめいてぶつかると危険ですし、わざとひじ掛けに乗って遊ぶようになってもけがにつながるので避けたほうが良いですね。見かけるたびに「危ないからやめなさい」と怒る必要もないので、お子様がもう少し大きくなるまではひじ掛けがないか、角が柔らかくボリュームのあるタイプを選びましょう。

汚してもイライラしないために

次に、カバーリングタイプを選びましょう。飲み物や食べ物のしみは子育てにつきものです。カバーを外して洗濯できると簡単にきれいになり、清潔さを保つことができます。喘息やアトピーなどのアレルギーをお持ちのお子様の場合もダニやほこりを取り除く事ができるので安心ですね。

ローソファにはカバーリング仕様のものも多く、カラーも豊富です。洗い替えとして色違いを買っておくとカバーも長持ちし、色が変わる度にリフレッシュした空間を作り出してくれますよ。

ローソファは一般のソファよりも低いので足を伸ばしやすいです。膝に痛みを感じている人にとっては利用しやすいです。