こんなにあった!機械式時計を劣化させないために日々できること

完全にストップさせないことが重要

機械式の時計は、完全停止状態から起動をするときに最も負荷がかかります。ですから、購入をした後は、ずっと動かし続けるというのがメンテナンスの基本になります。腕に巻かない日でも、ゼンマイだけは一日一回きちんと最後まで巻ききるようにしましょう。動かしてさえいれば、内部が劣化をしていくことを防げます。ただ、ゼンマイはあまり頻繁に巻いてもいけないと言われています。一日一回、決まった時間に最後まで巻くということを意識すれば、状態よく長く動き続けてくれることでしょう。

汚れを拭いて落としてあげよう

いつまでも美しい時計でいてもらうためには、毎日の汚れ落としが重要になります。布で拭いてあげるだけでもいいですが、機械式時計専用のブラシが売ってありますから、そうしたものを使うといいでしょう。基本的には外部の清掃だけに留めておきます。機械式の時計は内部が精巧に作られていますから、中を開けて掃除をしようとすることはNGです。数年に一度オーバーホールに出しますから、そのときに内部はメンテナンスしてもらえます。自分ではやらないほうがいいでしょう。

オーバーホールは信頼できるお店に

数年に一度のオーバーホールこそが、メンテナンスの核をなします。できれば、直営店に相談に行くのがいいですね。買ったところでなら、最適なオーバーホールをしてもらえます。それが無理なら、老舗の信頼できる時計修理店に持ち込みましょう。歴史の古いお店には、ベテランの職人さんがいるものですから、安心して任せられます。

ウブロは、スイスの高級時計メーカーであり、異素材を組み合わせた時計のシリーズなどが有名で、スポーツ大会のスポンサーや有名人とのコラボレーションモデルの発表なども行われています。